スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大体1か月ぶりの更新

年末忙しかったので更新する暇もない。
とりあえず仕事が地獄だった。

ポケモンxy&z

ポケモンxy&zが先月から始まっていますね。

悪の組織の対決がクローズアップされるシリーズはエピソードN以来となりますがどうも今回は1クールでは終わらないようなのでパキラ戦、フラダリ戦、アラン戦にかなりの時間をさけると思います。

後は最後のジムリーダーをどこにいれるかですね。
opを見る限り2月頃に入れると思います。
そのあとはフレア団とのバトル&バトルの連続でホウエンにも別働隊として回してほしいです。
あれだけホウエンが最強メガシンカでクローズアップされたので舞台になる可能性はあるでしょう。
少なくとも2年は新シリーズには移行しないと思いますのでエピソードNのように駆け足になることはないはずです。
さてマノンちゃんはいつ登場になるのか…。
それからフレア団編がおそらく12月まで続くと思いますので残り9か月はカロスリーグ編になり新地方へという流れになるはずです。
そうなると7月ごろに一度主題歌が変わり劇場版も一作公開されるはずです。
となると10月期の伏線を劇場版に挟んでくると思います。
どのような話になるかはわかりませんがフレア団絡みになることは間違いないでしょう。
そこから考えるとマノンの登場は9月中旬ごろ?
まぁ、ここら辺はわからないのでアランとの最終決着が10月ごろとなるはずです。
パキラは…まぁカルネに任せましょう(笑)
それとロケット団はどんな活躍をするのか。
もしかするとBWのようなシリアスキャラに戻るのか!?
そんな感じで毎週注視しています。

東方の時間軸

もう今年は東方の新情報がないと確信して、来年の東方の動きをいろいろ予想してみる。

まず、来年は第16弾が発売されると予想。
おそらく正規ルートで霊夢は月の住人に曲がりなりにも勝ったためこれ以上上の勢力が思いつかない。
しかも紺珠の薬なしなのであの純狐を普通に下したことになる。
じゃあ、今後どうするのか?
考えうるのはキリスト教や北欧神話あたりなのかもしれないがいくつか仮説を立てておく。

・今まで霊夢たちが戦ってきた相手はみんなスペルカードルールにのっとって戦っていた。
 もし、それを完全否定する勢力が現れたら?
 (暗殺、狙撃ありとあらゆる手段を用いて相手を排除する組織だと仮定してください。)
 一応これは現在執筆している小説にもその問題は指摘しています。
・御阿礼の目的について。
 ただ、妖怪の脅威を書くだけなら、転生せずとも子孫や弟子に書き続けさせれば言いだけ。
 なんでわざわざ転生する道を選んだのか。
 (これも執筆した小説で指摘しています。)
・阿求の寿命問題。
 実際、阿求は後10年足らずで死んじゃう予定だけどそのあと誰が人間側から幻想郷の解説をするのか全く不明。
 この時期に阿求がレギュラーの鈴奈庵を連載しているのも気になる。

 これに関連して今後は稗田に関する話、幻想郷の核心に迫るストーリーが書籍、原作で触れられてもおかしくない。
 ネタバレによると鈴奈庵でそろそろ紫が動き出すそうだし、次の外来葦編までに大きく物語が転換してもおかしくはないと思われる。
 まぁ、これも年末にならないとわからないものですね。

プレミア12について

プレミア12で日本が非常に快進撃を続けている。
まぁ、これが日本の実力であるとは思うが、一番怖いのは『高転び』だ。
勝負の世界では何が起こるかわからない。
明日の先発の大谷およびリリーフ陣が僕たち状態で大量失点する可能性だってあるし、今まで打てている打線が突然沈黙するということもあるからだ。
まぁ、アメリカ戦で日本が逆にこのパターンで助けられたが。
どちらにせよ韓国、アメリカはどちらにせよ強敵である。
どうか選手は油断せずに一戦一戦大事に戦ってもらいたい。

東方系の豪華作家陣って同人上がりが多いよね。

http://www.toranoana.jp/info/dojin/toho_calendar2016/index.html
やっぱりというか何かですね。
商業でも大活躍している方も多いですけど、それ以上に同人の地歩が固いというのもある。
同人と商業の境目がどんどん薄くなっているとはいえとらのあなというだけあって同人で活躍している人が多く採用されているといった感じだった。
一昔前と違ってオンラインゲームの増加でイラストレーターの需要が高まっているという理由が大きいんでしょうね。

もし、神主がまだタイトーの社員のままだったら親会社のスクエニのイラストレーター、マンガ家総出のアンソロジーコミックやカレンダーとかスクエニが出してきたのかもしれない。
普通に櫻井亜都さんや水野英多さん、藤代健さんを投入してきそうだし
下手をすればアレンジアルバムも出してきたのかも。
ある意味東方のメインレーベルが同人系の登用が比較的多い角川、一迅社系だからこそやれるこのカレンダーなのかもしれない。

ツクモネットショップ

コレガ

フリーエリア

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:あまりよく知られていない、もしくは少しわかりにくい歴史の出来事をわかりやすく解説します!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

山田嵩大

Author:山田嵩大
パソコンでゲームを制作しているものです。
現在就職活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
広告

フルーツメール
参加しています
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2動画
FC2動画
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバー
FC2レンタルサーバーLite
FC2コンテンツマーケット
FC2コンテンツマーケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。