スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鋼兵氏の動画が少し違っているところがあるのではないかと思い、ニコレポにコメントしたのだが、あまりにも理解できていない人が多かったので詳しくわかりやすく説明していこう。

まず、東方御三家の中でボカロだけ大きく違うことがある。
それは一次母体がどれだけしっかりしているかである。
例えば東方projectの場合、製作者である太田順二氏が定期的に新規にゲームを発表しており、その設定もかなり緻密である。
アイマスの場合もバンナムがしっかりと2次創作の手綱を握っている。
それに対してボカロは鋼兵氏の指摘した通り、もともと音楽ツールだったのがクリプトン社にキャラクター性をつけられ、それに対してオタクたちが新たに2次創作をくっつけていったわけだ。
ここで問題なのはボーカロイドたちに詳細なプロフィールやバックグラウンドが存在しない点である。
これはちゃんと準備しておかなかったクリプトン社もヤマハも問題だが彼ら自身そこまでコンテンツ事業が本業ではないので仕方がない部分がある。
一番の問題は『初音ミク』のアイドル性をあくまで「自分の脳内設定」だと認識してはいなかった人が多かったことではないだろうか。
例えば初音ミクに葱を持たせて歌うのは一次のほうにそう言った要素があったわけではなく、勝手にファンが加えただけの要素である。
だからこそボカロはその点で発展していったが、例えば作り手たちがボーカロイドを利用して自分たちの世界観を描きにくくなる。
鋼兵氏が指摘している「ボカロPはボーカロイドに曲を提供しているのでは」という指摘もあるが、アイドル性そのものがファンの脳内設定であった場合、じゃあ、ボカロオリジナル曲を聞いてじゃあ自分もボカロ曲を作ってみよう→ボカロ曲をある程度作ったし今度は自分が作った世界観をボーカロイドに演じさせて表現しようというのは表現者として当然ではないだろうか。
そこから考えうるにボーカロイドのアイドル性が消えるというのはボーカロイドが人気になるにつれ当たり前のことだとも言える。
いわゆる「初音ミクを前面に押し出したアイドル曲(二次創作)」ではなく「自分の表現したい世界をボーカロイドを利用して作りたい(一次創作)」という硬派な作り手が次々生まれるのは当然といえば当然である。例えばボカロ曲は最初は「みっくみくにしてやんよ」のように初音ミクのキャラクター性が前面に出た作品から次第に『メルト』のように普遍的な楽曲に代わり、そして現在「カゲロウプロジェクト」のようにボーカロイドを使って自分の作りあげた世界を表現しだす、という風にどんどんボーカロイド自体から離れていくのがおわかりいただけるだろうか。
つまり、ボーカロイドがブレイクすればするほどボーカロイドを使って楽曲を作ろう(一次創作)とする人が増え、それと同時にキャラクターのボーカロイドを意識せず作曲する作り手も増えてきたということだ。
ここで疑問に思った人がいるのではないだろうか。そもそもボーカロイドは1次創作なのか、2次創作なのか。
鋼兵氏はボーカロイドのファン層を2つに分けたが少しその部分の考慮がないと思う。
自分が分けるとするのなら。

 ・ボーカロイドに対する曲や設定が空くまで2次創作(ただしそのことについて認識していない)だとしている層。
  初音ミクはあくまで俺らのアイドル。
  金の力でけがれさせはしない!!
 ・あくまでボーカロイドは自分が表現する際のツール。作り手たちの一次創作だと考える層
  俺達は作り手たちの曲の世界観が気に行っているだけ。
  商業化?あくまでツールの一つだから別にいいよね。

 鋼兵氏は第2波は商業目的だといっているが、その本旨は少し間違っているのではないだろうか。
 例えば鋼兵氏自身、女子中高生に狙いを定めなければ人気歌い手にはなれないといいきっているのである。
 それに従うのならボカロでゆくゆく人気Pになるためには結局商業性を強めないと行けないのだ。

 一応論旨が出揃ったので自分が考えるボカロ衰退の原因を箇条書きについて説明する。

 ・ヤマハやクリプトン自体、一本の音声合成ソフトが『初音ミク』として勝手に動きだし、ファンにとってさまざまに設定が肉付けされてしまうどころか、そこまで大ヒットを予想することができず(2007年の売り上げ目標は1000本、実際は発売1年で4万本)、2次創作のガイドライン作成に後手に回ってしまう処か、下地となる一次設定をある程度盛り込まなかったこと。
 ・初音ミクファン自体、あくまで『初音ミク』がクリプトンが出している音声合成ソフトで単なるPたちの表現方法の一種(身もふたもない言い方としては楽器の一種)としての『製品』でしかなく、自分たちの「初音ミク」像はそれに乗っかっただけという認識を持たず(もしくは理解せず)、狭く閉鎖的な自分たちのコミュニティで『初音ミク』をバーチャルアイドルだと『神聖視』し自分たちの2次創作をあくまで一次創作だと誤認してしまったこと。(鋼兵氏が言われるところの第一波)
・ボーカロイドがあまりにも人気になり、ボーカロイドを使って自分の音楽を表現したい(一次創作)と思う人が増えたこと。(鋼兵氏が言われる第2波)
・ドワンゴ自体が初音ミクのキャラ性を重視する作品(二次創作)とボーカロイドを利用して自分の世界観を表現したいという作品(一次創作)にカテゴライズを分けなかったこと。

 結局のところ、あくまで音声合成ソフトはギターやキーボードのように音楽を作りだす一つのツールなのであってキャラクター性を重視するものではない。
 それをニコニコのユーザーたちが勝手にキャラづけをはじめ、自分たちの初音ミク像は二次創作であるということを認識していなかった。
しかもたちが悪いことにクリプトン社がその二次創作をどんどんとりこんでいったために一次と二次の境目があいまいになってしまった。
結局のところドワンゴも初音ミクのファンもヤマハもクリプトンも一次と二次の境目をはっきりさせなかったのがボカロ衰退の最大の原因だと自分は思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ツクモネットショップ

コレガ

フリーエリア

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:あまりよく知られていない、もしくは少しわかりにくい歴史の出来事をわかりやすく解説します!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

山田嵩大

Author:山田嵩大
パソコンでゲームを制作しているものです。
現在就職活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
広告

フルーツメール
参加しています
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2動画
FC2動画
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバー
FC2レンタルサーバーLite
FC2コンテンツマーケット
FC2コンテンツマーケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。