スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大航海時代5 探索ポイントためるのが面倒だ。

とりあえず周辺海域の海賊狩りをしつつ、探索ポイントをためているのだがそれがかなりうざい。
たまったら消費するを繰り返し、ようやくイベントを進められる。
結構これは大変な作業です。
交易イベントだとイベントこなしながらポイントためれるのになぁ…。
スポンサーサイト

今週から2週間休載。

やっぱり3つ連載抱えていると厳しいですね。
ここから先、どう動くか。
ヒナギク結局負けたし、ハヤテが賞金せしめたんで結局ナギも自分からはなれてしまうと絶望するしかない。
ただ、ヒナギクが追い込まれた泉の『ハヤテはナギを見捨てたりしない。』というセリフは単にハヤテに対する泉の信頼の表れだと思います。
作中では、愛歌の婚約者およびナギの父親のように信頼のおける執事=婚約者のような描写が多いのですが、泉の場合執事が兄です。
しかもそれを不幸とも言えるくらい・・・。
だから一般的なハヤテの女性キャラと違って信頼のおける執事=婚約者という認識を抱きにくいのではないのでしょうか。
これもある意味勘違いなのかもしれません。
ナギとヒナギク、2人の勘違いがどう回収されるかが今後の見どころとなるでしょう。

ポケスペの10話の展開について

ポケスペの第13章のネット連載を毎月読んでいるのだが、なんとラストでアオギリとマツブサが再登場しているという驚愕の事実がわかった。
ただ、気になるのは両者とも第4章、第6章ですでに死亡しているということだ。
とりあえずこれについて様々な説が出ているけれども僕はこの回答として「ヒガナが自分の正統性として自分の計画の賛同者をアオギリ、マツブサに仕立て上げた」という説を上げておきます。

 この仮説の根拠

・ヒガナがアクア団マグマ団双方の残党を掌握していたこと。
 これはSSSでも三頭火でもないヒガナ自身(しかも敵対組織を渡り歩いていた)の立場から考えるとそれぞれの組織に所属していたことを考え併せてもどうもここまでの人員を集めることが困難な点が挙げられます。
 実際幹部クラスであったホカゲやシズクも組織力がないためほぼ単独で工作をおこなっているほど。
 じゃあ、一般団員クラスであるヒガナはどうやってこれだけの人員をそろえることができたのか。
 考えうる可能性としてはヒガナ自身が元リーダーの権威のもとにそれぞれの組織を統一参集したといってもいいでしょう。

・旧SSSや三頭火を現状迎え入れている様子が見られない点。
 これが一番大きい仮説だと思います。
 普通であれば彼らの戦力は今後ダイゴたちとの戦いを考慮に入れると十分にほしい戦力ですが、ヒガナは彼らを率いれている様子は今のところ見られません。
 少なくともシズクやホカゲが旧メンバーの動向を知らないということからもヒガナは彼らに声をかけてはいません。
 それぞれのリーダーに近かった人物を入れることで、自分が建てている人物を偽物だと見破らせないため?

 ポケモンによる奇跡を考慮することなく考えてみました。
 何度も何度もポケモンの奇跡はマンネリなので今度はそう言うのもありかもしれないとこのような仮説を立ててみました。 

ツクモネットショップ

コレガ

フリーエリア

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:あまりよく知られていない、もしくは少しわかりにくい歴史の出来事をわかりやすく解説します!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

山田嵩大

Author:山田嵩大
パソコンでゲームを制作しているものです。
現在就職活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
広告

フルーツメール
参加しています
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2動画
FC2動画
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバー
FC2レンタルサーバーLite
FC2コンテンツマーケット
FC2コンテンツマーケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。