スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方公式で何か大きな動きがあるらしい

今日ネットサーフィンをして知ったのだが、東方公式で今年何か大きな動きがあるらしい。

http://blog.livedoor.jp/tohomemory/archives/42492108.html

さすがに東方2次創作のプレイステーション配信が2,3年も前から動いていたこととはどうも考えにくい。
そもそも権利関係もろもろ含め2,3年もかからないはず(だと思いたい。)
やっぱり考えられるのは今年20周年を東方が迎えるからこその大きな企画なのだろうか?
10周年の時とは違って、東方は今や日本を代表する一大コンテンツに成長している。
それを鑑みるとどうしても前述のプレイステーション2次創作配信がその変化とかだとがくっとなりかねない。
去年の輝針城のダウンロード販売自体おおっと思ったからそれを超える何かじゃないと釣り合わない。
特に今年は20周年だからね。

そこから考え出せれる考えられる可能性は2つ。
一つは14.5、14.8、15弾それらを一つなぎにした壮大なストーリーを展開させ、それを核として一迅社および角川の発行雑誌およびラノベ文庫を総動員してそれぞれのタイトルが別の主人公を据えて、その異変を追わせることによりゲームでは描写しきれなかった伏線や補完を展開する大河クラスの企画。
これは茨歌仙26話において深秘録の異変を『大異変』を称していることと自分自身神霊廟から黄昏および整数の作品がすべて「しん」=「sin」の漢字がつけられていることという推測。
基本的に主人公のイニシャルをとって「side S」とか「side Y」などタイトルで連載を行うのだろうか。
こういった複数雑誌の同時並行連載で物語を展開させるのは角川のお得意芸であることも根拠に値する。
もう一つは2,3年前という時期が鈴奈庵の連載が始まった時期に一致したことと鈴奈庵がこの情報の情報源であることから鈴奈庵でストーリーに大きな動きがあるということ。
鈴奈庵も気づけばもう3巻が発売されていて今までの東方では見られなかったダークな世界観が(それは茨歌仙でも同じだけど)散見されていた。
小鈴が妖怪化するのではないかというのがネット上の大方の予想だけど、鈴奈庵では阿求の転生のあり方、うまくは書けないんだけど彼女が100年置きに転生をし続けてまで幻想郷縁起を書き続けることは果たして本当に人間のためになるのかが今後のストーリーの鍵になるのではないかと。
それが今年鈴奈庵のメインストーリーになってそれが変化になるのか?
阿求の設定は東方の根幹にかかわるわけだし、非常に重い内容になるので選ぶ内容にはなるだろうが実際のところ東方がここまで長期にわたって続く作品になるとは東方求聞史紀発売直後は予想していなかったはず。
阿求自身、幻想郷の世界観を語るキャラとして必要不可欠だし、鈴奈庵で阿求が準レギュラーであることを考えると鈴奈庵があと3,4年続くと考えて鈴奈庵で阿礼の転生とか寿命問題について一応決着させないといけない時期に来ているはず。
もしかすると予想外のネタでまたアッといわせられるかもしれない。
今年の末ごろに結局あの発言は何だったんだといわないことを祈りたい。
スポンサーサイト

東方の「しん」について

わざわざこれをやるために、小説は今週休みということで。

気になることというのは神霊廟以降、アマノジャクを除いてすべて「しん」と読ませている言葉が含まれているということと、その「しん」を持つキャラがラスボスであるという点なのです。

神霊廟以降のラスボスは

 豊聡耳神子(神)
 秦こころ(秦)
 少名針妙丸(針)

 であり、どれも「しん」と読む漢字が入っているのがわかります。
 実は今までの作品で4つ連続で同じ「しん」という言葉が入るのは初めてのことなんです。
 (2つ連続というのは「永夜抄と花映塚」、一字だけなら「妖々夢と翠夢想」、「花映塚と文花帖」があります。
  また、地霊殿から星蓮船までの三作品はすべてenという音で終わっています。)

 前者で出てきた作品群は共通点が少なくたまたまだと考えたほうがいいでしょう。
 まだ神主もここまで息の長い作品群になるとは思っていなかったでしょうし。
 ただし、後者の場合は守矢一家が緋想天を除いてかかわっており、緋想天の続編非想天則でも東風谷早苗がストーリーモード付きの主役に抜擢されています。
 そう考えると神霊廟以降の作品は何かしらつながりがあると考えたほうがいいかもしれません。

 実は神霊廟から頻繁に出ている妖怪がいるのです。
 その名も二ツ岩マミゾウ。

 神霊廟ではExtraボスとして出てきたのを皮切りに、心綺楼では隠しキャラクターで重要な立ち位置にあり、輝針城では登場こそしていないものの、直接の続編である弾幕アマノジャクで登場し、サブスキルについて教えてくれる立ち位置にあります。
さらには書籍版でも鈴奈庵でも準レギュラー、茨歌仙でも最新話で都市伝説を解説する役で登場するという重要なキャラクターだとされているようです。
 しかも外の世界出身の妖怪という東方projectの世界観ではありえない設定である点もそれに拍車がかかっている。
 おそらく深秘録でも必ず登場するでしょう。
 おそらく今後の東方の展開に深くかかわるはずなのでもし出てきたとき彼女がどんな立ち位置に属するのか注目していきたいです。

pixivからの再録ですがもう一つ気になることとして実は神霊廟と輝針城ってつながっているんじゃねと考えるようになりました。
星蓮船以前のEXキャラは基本ラスボスとは面識があるというキャラだったのですが、神霊廟以降本筋とは全く関係がないキャラなんですよね。そう考えるとマミゾウが外の世界から来たのが正邪が輝針城の異変を起こすきっかけの一つになった(そもそも彼女が小物妖怪であるのに、なぜ妖怪に取って楽園であるはずの幻想郷を崩壊・支配しようとした理由がまだ判然としていません。)という展開ももし深秘録に正邪が出てくるならそこらあたりの掘り下げもきちんとしてほしいですね。

東方深秘録についていろいろと考察

体験版が去年の暮れに出たのでそこからいろいろと考察。
ダウンロード版は出ていないので仕方がなく、動画投稿サイトから考察。
まさか華扇が出てくるとは思わなかった。
そしてやはり春河さんがイラスト担当。
ゲーム内容を見て気になるのはラスボスは何になるのか。
最初、自分は都市伝説を操っていた妖怪たちが逆に都市伝説に操られてしまうと考えていたがどうやら違うようだ。
多くの人がストーリーモードラストに出た人物を岡崎夢美ではないかと多くの人が勘ぐっているがおそらくそれはないはず。
あの人はオカルトの対極に位置する人だし。
まず、あおり文からドラゴンボールネタがあるのでそこから考えてみよう。
とりあえずドラゴンボールそのものは出ないはず。実際に出たら幻想郷が滅亡しかねない。
しかし、少し気になる点がある。それはドラゴンボールは西遊記をモチーフにしているという点だ。
西遊記は日本でも知られている作品で妖怪もたくさん登場している。
にしては今までの東方では西遊記系の妖怪がなぜか登場しなかった。
西洋の妖怪である吸血鬼すら登場しているというのにである。
というわけでラスボスは西遊記をモチーフにするキャラだろうと推定。
そして深く切り込んでその人とは玄奘三蔵だと予想。
玄奘三蔵は日本だと女性が演じていてか弱い守られる側のイメージが(実際原典でもそうだが)強いが、実際の玄奘は厳しい天竺への旅を完遂させた屈強な男(最遊記の玄奘が本来の玄奘に近いと思われる)であり、前者のイメージが浸透してしまった結果、本来の玄奘が幻想入りしてしまったという考えれば無理はないかも。
とりあえず有力候補はこれじゃないかと。
都市伝説で有名どころは正直小粒過ぎて予想がつかない。
というよりもオカルト要素どこ行ったという感じだが。

続きを読む

開けましておめでとうございます

年末年始はずっと仕事でした。
3が日ももう過ぎちゃったよ。
とりあえず今年の目標は現在の小説第2部完結を目指そうと思います。

ツクモネットショップ

コレガ

フリーエリア

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:あまりよく知られていない、もしくは少しわかりにくい歴史の出来事をわかりやすく解説します!

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

山田嵩大

Author:山田嵩大
パソコンでゲームを制作しているものです。
現在就職活動中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
広告

フルーツメール
参加しています
ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2動画
FC2動画
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバー
FC2レンタルサーバーLite
FC2コンテンツマーケット
FC2コンテンツマーケット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。